読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・本でもって

専門は鍼灸・東洋医学なのですが、そこを軸にしながら興味がある本を読んでおります。ときどき、全然違うものもありますけども。

 

 

『生き方 - 人間として一番大切なこと』 稲森和夫著 サンマーク出版

生き方―人間として一番大切なこと

稲盛 和夫 サンマーク出版 2004-07
売り上げランキング : 106
by ヨメレバ

  この間、遅くに帰ってとりあえずテレビを点けてみたら、NHKの番組に稲盛和夫氏が出演していました。ごく最近彼の主著である『生き方―人間として一番大切なこと』を読了していたので、これはタイムリーと思ってそのままテレビを見ていました。

 以前に比べてお年も召してきたようで(そうはいっても同年の方に比べれば元気そうでありますが)、あまり稲盛氏の声に力を感じることはなく、正直なところ少し過去の人のように思えました。さらに加えて、この日の私は仕事が忙しく、頭もぼんやり疲れていたので、あまり稲盛氏の言葉が耳に届いてきませんでした。その代わりに、画面下のTwitterのつぶやきばかりがやたらと目に入っていました。

 たいていこういう番組での取り扱いであれば、礼賛型のものが多いかと思うのですが、Twitterから流れる言葉のほとんどは、稲盛氏への批判や、同意できないという意見でした。正確に覚えているわけではありませんが、「生き方が多様化している中で、ひとつの生き方を強要するのはどうか」とか、「価値観は人それぞれ違うのだから、押し付けないでほしい」といった感じのものが多かったように思います。これはこれでライブ感があって、視聴者の正直な意見が聞こえてきて、いろんな感じ方をすることが大事なんだなと思ったりしました。

 この番組では、視聴者からのつぶやきをキャスターやコメンテーターが取り上げたりするのですが、番組構成者にとっては意外だったのだろうか、礼賛型のつぶやきが少なかったために、ちょっとキャスターの方は慌てた感じがあり、ポジティブなつぶやきを取り上げるのに苦慮する表情が現れていました。コメンテーターの方は、最近たまにテレビで見かける若手経済学者で、イケメンで温和なようでいて、やんわり手厳しく指摘する安田洋佑氏、個人的には理路整然としていて明解なので好きです。安田氏は視聴者のつぶやきから、お茶の間の空気を読み取ったのか、その気持ちを汲み取りつつも、いつものようにやんわりと、「最近では“成功バイアス”といって、必ずしも成功体験だけを取り上げるのはよくないことではないかという批判も出ており・・・」ということを言いながら、稲盛氏一色になるのを牽制したように思います。
 私はこの番組を観て、経営者って人気ないんだなぁと正直思いました。最近の経営者である堀江貴文などに比べると、稲盛氏は断然古めかしい部類に入る。カジュアルな服装でテレビに出てくる堀江氏に比べ、いかにもというスーツ姿でインタビューを受ける稲盛氏の姿は、やはり一昔前の感じがしてしまうのでしょうか。

 『生き方―人間として一番大切なこと』を読んでまず驚いたのは、稲盛氏が理系出身、技術者出身だと言うこと。あのスーツ姿からすると、いかにも文系という感じがしていたのですが、そうじゃなかったのか・・・とちょっと見る目が変わっていきました。理系出身と言うことで、技術を大事にする姿勢が感じられました。
 そのあたりの話しから、近年の経営者としての活躍を自ら語っているのですが、その語りの端々に、東洋的な哲学を感じることが出来ました。最終的には心が人を動かし、心を作ることが人生の目的なのだと、繰り返し繰り返し強調していきます。

 あまりに繰り返されるので少々食傷気味だなと思って最終章に入りました。

 正直その手前で既に満腹気味であったので、また同じだろうと流すつもりで最終章に入ったのですが、私はここを読んで急に腑に落ちたのです。自分の生き方というものを、もっと肯定してあげなくてはいけないなと思ったのです。日々の生活、日々の仕事の中で、ときどきどうして自分はこの仕事をしているのだろうと悩むこともあります。いつか卒業できるなら、卒業してみたい、そんな思いで乗れない日もあります。しかし、本書の最終章を読み、「あ、自分も多くの人々の中で、こうして自分の役割を演じているのか」と妙に合点がいったのです。他人を羨む必要もないし、他人と比較する必要もない、ただ自分という役割、鍼灸師という役割、そういった何か大きな力によって与えられたであろうこの役割を最期まで全うすることが先ずは大事なのだと、気持ちがふと定まった感じがありました。

 アマゾンの書評を見ると、元京セラ社員の方らしき人からの投稿があり、必ずしも経営者としていい評価が出来るとは限らないようで、稲盛氏の本当の姿がどんなものかは知りませんが、良い役割も悪い役割も背負い込みながら歩いてきたのが稲盛氏にとっての人生の役割だったのだろうと思います。

稲盛和夫氏のその他の著書】
「成功」と「失敗」の法則 燃える闘魂 成功の要諦 利他: 人は人のために生きる (小学館文庫)

 

【キーワード検索】
「稲盛和夫」 「京セラ」 「経営者」 「起業する」 「実業家」

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

 

表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症 Acupuncture Tokyo Japan


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症 f:id:isphoto:20141103181414p:plain東京ノラ猫家猫カフェ ネット上のバーチャルな猫カフェ 日々是表参道 東京の表参道にあるお店やスポットを紹介するサイト 本でもって 表参道の鍼灸院、源保堂鍼灸院が贈るブックレビューブログ 新書ブックセンター 新書専門のブックレビューサイト 東洋医学・鍼灸を学ぼう!produced by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 音楽かけ流し BGMにしてみたら 写真ブログis photo' blog OLYMPUS OMD EM-1など にゃんずにゃんずにゃんず ねこ写真 ねこ動画 ねこイラストなどネコ好きのネコブログ 東洋ラボ.net 東洋医学を中心に、東洋哲学などを特集したサイト 今を生きる 言葉を贈ろう 今日を生き、明日を生きる、今日的ことば。先人の智慧をお借りして生きていくことば コラボイズム 女性の感性が生きる時代。会社や企業と女性を結ぶサイト。素敵な女性とコラボしてみませんか おもさんぽ 表参道ある日のある記 表参道の散歩日記 箱根花詩 箱根老舗和菓子屋菓匠 温泉餅・くさのもち・大文字饅頭・箱根八里の半次郎 SBC 新書専門のブックレビューサイト新書ブックセンターのブログ いろいろ見つけてみました ミッケ 古本販売などレビューもしています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...