続・本でもって

専門は鍼灸・東洋医学なのですが、そこを軸にしながら興味がある本を読んでおります。ときどき、全然違うものもありますけども。

 

 

『マムアン げんきげでる編』 ウィスット・ポンニミット著 パイインターナショナル

 いつの頃だったか、仕事場近くのお洒落なカフェで、「『マムアン展』開催中」という看板を見ました。その看板と言ってもポスターや木製ではなく、お店の入口の大きなガラスに白色で直接描かれたもの。クリスマスなどの時に、白い文字がガラスに書かれる、あんな感じの案内でした。

 その案内には、この本の表紙が描かれていたのですが、そのとき私は“マムアン”なるものが何なのかよくわからず、この女の子がマムアンなのか、この女の子を描いている人がマムアンなのかなとか、勝手に想像しながら何なのかよくわからないまま、そしてGoogleで検索することもなく、何となく無邪気な感じがいいなぁと、そこのカフェの前を通る度にその絵ををちらちら見ていました。

 結局そのカフェはお洒落で夜はお酒を飲むところになりますから、お洒落でもなく、お酒も飲まない私は中に入ることなく、ただただその絵を気にしながらも素通りするだけ。

 そしていつしか時が経ち、季節も変わっていきましたが、そのガラスに描かれた案内はいつまで経ってもそこに描かれたまま。たぶんもうとっくにその『マムアン展』は終わっているはず。でもいつまで経っても消されませんでした。

 という感じで、いつしか私の頭の中にはこの女の子のキャラクターだけが頭に焼き付いてしまいました。

 そこからさらに時間が経過して、気がついたらお洒落カフェの窓からマムアンが消えて、私の記憶からも遠ざかっていきました・・・。

 で、再会したのが表参道ヒルズでした。表参道ヒルズ内にある(今はないのかな?)ギャラリーショップで、マムアンリトグラフや原画が売られていて、ちょっと懐かしさを感じながらの再会でありました。

 と、前置きがかなり長くなりましたね・・・。

 本です。本。

 この『マムアン 元気がでる編』は、かわいい少女、マムアンちゃんのイラストともに、一言ことばが添えられて、なんともいえない気づきを心に呼び起こします。ほんわかと、ふんわりと、小さい頃はこんな感じで無邪気に生きていたよなぁと、遠い昔の感覚を引き戻してくれます。そしてその感覚は、決して昔は良かったよなぁという懐古的なものではなく、また、変に頑張り直すようなものでもなく、自然と優しく導いてくれる感じです。砂漠の中を途方もなく歩き続けていたら、目の前にこんこんと湧き出る泉に出くわしたような、そしてその泉の中に身を委ねるようなそんな安心感を呼び覚ましてくれます。

 著者は、タイ人の方。日本の漫画に憧れて、日本の神戸にも留学していたそうです。そんな著者のルーツが、ピュアな世界観を産み、そして日本人ぽいけでおちょっと異国な感じもするマムアンちゃんというキャラクターを生みだしてくれたのかもしれません。

 とにかく、一度読んでみてほしいと思う、一度開いてみてほしいと思う、そんな一冊であります。

 

【その他のお薦め本】

マムアン れんあい編マムアンとマナオヒーシーイット オレンジヒーシーイット―アクア

 

マムアン げんきがでる編

マムアン げんきがでる編

 

 

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症f:id:isphoto:20141103181414p:plain東京ノラ猫家猫カフェ ネット上のバーチャルな猫カフェ日々是表参道 東京の表参道にあるお店やスポットを紹介するサイト本でもって 表参道の鍼灸院、源保堂鍼灸院が贈るブックレビューブログ新書ブックセンター 新書専門のブックレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!produced by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院音楽かけ流し BGMにしてみたら写真ブログis photo' blog OLYMPUS OMD EM-1などにゃんずにゃんずにゃんず ねこ写真 ねこ動画 ねこイラストなどネコ好きのネコブログ東洋ラボ.net 東洋医学を中心に、東洋哲学などを特集したサイト今を生きる 言葉を贈ろう 今日を生き、明日を生きる、今日的ことば。先人の智慧をお借りして生きていくことばコラボイズム 女性の感性が生きる時代。会社や企業と女性を結ぶサイト。素敵な女性とコラボしてみませんかおもさんぽ 表参道ある日のある記 表参道の散歩日記箱根花詩 箱根老舗和菓子屋菓匠 温泉餅・くさのもち・大文字饅頭・箱根八里の半次郎SBC 新書専門のブックレビューサイト新書ブックセンターのブログいろいろ見つけてみました ミッケ 古本販売などレビューもしています。続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。f:id:isphoto:20170126221758p:plain

『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 福岡伸一著 木楽舎

 タイトルの“動的平衡”という言葉に前からそそられていたのですが、本書を手にしたのはほんのこの間。

 何故そそられていたかというのは、東洋医学的な“にほい”がするから。

 ということで、ようやく手にして読み始める・・・。

 最初は意外にも医学史からはじまり、正直ちょっとまだるっこしい感じも。しかし、著者の福岡伸一氏の本は以前読んだこともあるので、読み進めれば面白くなるだろうという期待をもって読み進める。

 この手の本はこれまでも何冊か読んできたので、だいたい予想は付くが、やはり福岡節というのか、上品な文体の訴追力は、読む者の意識を容易には離さない。福岡氏は、イタリアに関するエッセイが多い須賀敦子さんの文章を意識しているというのを聞いたことがあるのですが、名文家である須賀敦子さんの“にほい”、確かに感じますよね。

 ということで、本書の内容・・・。

 ネタバレになるかもしれませんが、要約するとこんな感じです。

 本書のいう“動的平衡”とは、言うなれば“in”と“out”の平衡性と言うこと。

 例えば中学校の理科あたりで、「質量保存の法則」というものを学んだと思いますが、そんなイメージでしょうか。

 入ったものは出ていくし、その総量は変わらない。生命の場合で言えば、食べたものはその一部が身体の血となり肉となり、そして使われなかった残りは排泄されるわけですが、このバランスがちゃんと平衡している。

 さらに生命はその命を維持するために、常に(食べ物でも酸素でも)入っては使い、使っては補うの繰り返し。

 つまり、生きていく(=動的)ために、“in”と“out”のバランスは平衡をとる。これが命の本質であると言うことが、本書のテーマなのであります。

 そんなの当り前だよ、と思うかもしれません。

 しかし、この当り前のことを意識として実感していないがために、私たちは時に悲しみ、時に悩み、時に喜んだりしているのではないか。そしてその生命の本質を無視して一喜一憂することで、もしかしたら生命の営みを否定したり、生命を嫌ったり、生きることに意欲を失ったりしているのかもしれません。
 逆に言えば、そのあたりをうまくクリアできたら、下手なスピリチュアルも、高額な自己啓発も、胡散臭い宗教もいらなくなる。

 東洋医学では、恬淡虚無(てんたんきょむ)といって、何事にも囚われないフラットな精神を推薦しているわけですが(そんなことは出来ないし、出来たとしたらそれはそれでつまらない人生かもしれませんが)、これは生命の持つ動的平衡を悟った状態なのかもしれません。

 長い人生、もちろん私でも、時にすごく好調なときもあれば、これでもかこれでもかと言わんばかりに不幸なことがやってきたときもあります。ジェットコースターのような人生を忌まわしく思ったこともありますが、心のどこかで、人生はちゃんとイーブンに出来ているのだと感じていたからこそ、その苦しい時期を乗り越えてきたのかもしれません。また逆に、順風満帆に見えるようなときでも、もっともっと自分を成長させるために身の回りを点検しておく、ということも少しは出来たのかもしれません。

 福岡伸一氏がここで語っているお話しは、東洋医学・東洋思想では当然のことかな?と思うところも多かったです。福岡伸一氏は、それを特別なことのようにお話ししていますが、我々東洋医学の門下生にとっては、自然に身につけていることのように思います。しかしだからといって無意味なものではなく、生命全体を通して、科学的な視野で敷衍してくれている本書は、とても有意義なものだと思います。

 生命というものの本質とは何か?

 分子生物学から見ると、生命ってどう見えているのか?

 生きるってどんな意味があるのか?

 そんな生命の営みの不思議を垣間見る入門書として、とても参考になるかと思います。

福岡伸一氏の本、その他のお薦め生命本】 

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) 世界は分けてもわからない (講談社現代新書) 生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見 (文春文庫) 福岡ハカセの本棚 (メディアファクトリー新書) カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第3巻 分子生物学 (ブルーバックス)

【キーワード検索】

「福岡伸一」 「分子生物学」 「生命科学」 「iPS細胞」

 

 

 

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

 

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症f:id:isphoto:20141103181414p:plain東京ノラ猫家猫カフェ ネット上のバーチャルな猫カフェ日々是表参道 東京の表参道にあるお店やスポットを紹介するサイト本でもって 表参道の鍼灸院、源保堂鍼灸院が贈るブックレビューブログ新書ブックセンター 新書専門のブックレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!produced by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院音楽かけ流し BGMにしてみたら写真ブログis photo' blog OLYMPUS OMD EM-1などにゃんずにゃんずにゃんず ねこ写真 ねこ動画 ねこイラストなどネコ好きのネコブログ東洋ラボ.net 東洋医学を中心に、東洋哲学などを特集したサイト今を生きる 言葉を贈ろう 今日を生き、明日を生きる、今日的ことば。先人の智慧をお借りして生きていくことばコラボイズム 女性の感性が生きる時代。会社や企業と女性を結ぶサイト。素敵な女性とコラボしてみませんかおもさんぽ 表参道ある日のある記 表参道の散歩日記箱根花詩 箱根老舗和菓子屋菓匠 温泉餅・くさのもち・大文字饅頭・箱根八里の半次郎SBC 新書専門のブックレビューサイト新書ブックセンターのブログいろいろ見つけてみました ミッケ 古本販売などレビューもしています。続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

『問題解決ラボ 「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術』 佐藤オオキ著 ダイヤモンド社

  Webサイトはもちろんのこと、街を歩いていると、“良いデザインだなぁ”と直感的に感じるものが増えてきたような感じがします。特にこの2,3年はそれを強く感じます。例えば観光地で見かけるお土産のパッケージなども、昔はコテコテしたキワモノ的なものばかりだったと思いますが、最近は控え目ながら目を惹くパッケージデザインも増えており、これなら友達に買っていっても喜ばれそうな、相手のことを思いやれるデザインが多くなっています。これは、とっても良い傾向だなと思います。だって、良いデザインを見ると、無意識のうちに何だかどこかが嬉しくなって、心が豊かになっているから。

 というわけでもないのですが、『問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術』というタイトルに惹かれて本書を手にしました。

 こじつけるならば、鍼灸師というお仕事は、患者様それぞれの身体に合わせて使用するツボをデザインするわけでありまして、あながちデザインと無関係ではないとも思うわけでありまして。

 ということで、本書を読み進めていきますと、ふむふむ、なるほどなるほどとこれまた“なんとなく”なのでありますが、頭の中がきれいにデザイン(整理)されていくような感じがあります。

 というのも、著者にとってデザインとは商品を売らんがためのものではなく、見えない価値を形にし、結ぼれてしまった糸をほどいて整理するような作業。結果としてそうやってデザインされたものは、見る者の感覚に訴えるところが大きいために、売れるものになっていく。あくまで著者にとってデザインは息をするのと同じ位に普通なことで、言葉を発するのと同じように心地よく、でもかといって普通ではない何かを提供することなのだろう。

 そういった大きなコンセプトを持つ著者が書いた本なのですから、この本はデザインを専門にする人だけのものではなく、多くの人に役立つもになるのは当然ではないでしょうか。例えば仕事だけではなく、家の中で荷物がうまく整理されないとか、導線がうまくいっていないときなど、ちょっと立ち止まって著者が提案する“デザインする意識“を持ってみると、少しずつでもまさに本書のタイトル通りに、問題が解決されていくのではないでしょうか。

 いわゆるデザインという小さな枠に留まらず、人生を歩く景色を豊かにしてくれる人生全体のデザインのヒントが満載の一冊です。

 

【その他のデザイン関連の図書
ネンドノカンド -脱力デザイン論-400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉ビジネスの課題を創造的に解決する デザインシンキング入門デザイン思考のつくりかたデザイナーのラフスケッチ デザインのアイデアを形にする過程榎本卓朗の仕事 (HAKUHODO ART DIRECTORS WORKS & STYLES)

 【キーワード検索】 

「佐藤オオキ」 「佐藤可士和」 「デザイン」 「デザイナー」 「アイデア 仕事」 「デザイン ビジネス」

問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

 

  

f:id:isphoto:20160529153839p:plain

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症f:id:isphoto:20141103181414p:plain東京ノラ猫家猫カフェ ネット上のバーチャルな猫カフェ日々是表参道 東京の表参道にあるお店やスポットを紹介するサイト本でもって 表参道の鍼灸院、源保堂鍼灸院が贈るブックレビューブログ新書ブックセンター 新書専門のブックレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!produced by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院音楽かけ流し BGMにしてみたら写真ブログis photo' blog OLYMPUS OMD EM-1などにゃんずにゃんずにゃんず ねこ写真 ねこ動画 ねこイラストなどネコ好きのネコブログ東洋ラボ.net 東洋医学を中心に、東洋哲学などを特集したサイト今を生きる 言葉を贈ろう 今日を生き、明日を生きる、今日的ことば。先人の智慧をお借りして生きていくことばコラボイズム 女性の感性が生きる時代。会社や企業と女性を結ぶサイト。素敵な女性とコラボしてみませんかおもさんぽ 表参道ある日のある記 表参道の散歩日記箱根花詩 箱根老舗和菓子屋菓匠 温泉餅・くさのもち・大文字饅頭・箱根八里の半次郎SBC 新書専門のブックレビューサイト新書ブックセンターのブログいろいろ見つけてみました ミッケ 古本販売などレビューもしています。続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

『脳には妙なクセがある』 池谷裕二著 扶桑社

 東洋医学では、「心は神を蔵す」という言葉がありまして、精神の中心は心臓にあると考えています。これは今の現代医学から考えますと、とてもおかしなお話しでありまして、これが東洋医学が今ひとつ信用されない理由にもなっています。

 しかし話しはそんな簡単なことではなく、もっと深い話が東洋医学にもあります。東洋医学においても、決して脳をないがしろにしているわけではありません。脳も大切な身体の器官で、重要でありまして、それは明代の医家である李時珍が明言しています。治療においても、脳を置き去りにすることはありません。

 でも、そうはいってもやはり東洋医学においても脳はまだまだ未解明。さすがに東洋医学バイブルである『黄帝内経』といっても、正直手薄な分野になっております。この未解明な部分に、新たな東洋医学的な解釈を加えていくことは、現代に生きる私たち東洋医学を専門にする者の使命の一つではないかと思っています。

 ということで、東洋医学と現代の脳科学を結ぶためにも、脳に関する本も手にするのでありますが、本書は一般の方にも分かりやすく書かれた脳の本。しかも、日常生活に密接な小ネタが満載であります。

 脳に関する本は、大脳生理学のような専門的なお話しも多く、それはそれで楽しく読める門もあります。しかし本書は、大脳生理学のようなお話しだけではなく、行動心理学や日常生活などで良くある話がいっぱいで、脳の本であることを忘れるほどであります。

 というのは、筆者は、この脳にまつわるお話しを知ることは、とどのつまりは「楽しく、ごきげんに生きるために」つながるという基本的な姿勢を持っているからなのだと思います。脳が持っている妙なくせを知ることは、日常生活を楽しくする手段になるというのであります。
 本書に書かれているものを見てみると、「「行きつけの店」にしか通わない理由」「「今日はツイテる!?」は思い込みではなかった!」、「脳は自分で「できる奴」だと思い込んでいる」など、日常生活あるある的なことが満載で、興味をそそられます。

 著者の日常生活を楽しもうとするところや、かといって科学から離れないというぶれない視点、そして信頼できる論文や資料からちゃんと引用する姿勢などもまた、本書の楽しさを確実にしているのではないでしょうか。

 最後の方の章では、東洋医学に繋がるお話しもありますし、必ずしも脳だけではないという(どなたかは『唯脳論』なんていう本もありますけど)ところにも共感を持ちました。

 脳の研究は生理学の中でも最先端の分野の一つで、これからもたくさんの新しい報告がなされると思います。そういう意味では、本書の内容もどんどん塗り替えられるかと思います。そんな知見が集まったら、また改訂版か新たなごきげんな脳関連の本を期待したいなと思います。

【その他の脳関連の図書】 

すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I) 大人のための図鑑 脳と心のしくみ アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書 あさ出版電子書籍 脳の話 (岩波新書) 夢をかなえる脳

 【キーワード検索】

 「池谷裕二」 「大脳生理学」 「澤口俊之」 「中野信子」 「脳 人間」

 

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)

 

 

 

f:id:isphoto:20160529153839p:plain

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症f:id:isphoto:20141103181414p:plain東京ノラ猫家猫カフェ ネット上のバーチャルな猫カフェ日々是表参道 東京の表参道にあるお店やスポットを紹介するサイト本でもって 表参道の鍼灸院、源保堂鍼灸院が贈るブックレビューブログ新書ブックセンター 新書専門のブックレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!produced by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院音楽かけ流し BGMにしてみたら写真ブログis photo' blog OLYMPUS OMD EM-1などにゃんずにゃんずにゃんず ねこ写真 ねこ動画 ねこイラストなどネコ好きのネコブログ東洋ラボ.net 東洋医学を中心に、東洋哲学などを特集したサイト今を生きる 言葉を贈ろう 今日を生き、明日を生きる、今日的ことば。先人の智慧をお借りして生きていくことばコラボイズム 女性の感性が生きる時代。会社や企業と女性を結ぶサイト。素敵な女性とコラボしてみませんかおもさんぽ 表参道ある日のある記 表参道の散歩日記箱根花詩 箱根老舗和菓子屋菓匠 温泉餅・くさのもち・大文字饅頭・箱根八里の半次郎SBC 新書専門のブックレビューサイト新書ブックセンターのブログいろいろ見つけてみました ミッケ 古本販売などレビューもしています。続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

『このあと どうしちゃおう』 ヨシタケシンスケ著 ブロンズ新社

 知人にこの絵本の著者の個展を紹介していただきました。 

 原宿の小さなギャラリーでしたので、そんなに人はいないだろうと思っていたら、次から次へと人がやってきて、すごい人気の作家さんなんだなぁと思ったのであります。
 小さなギャラリーにちょっとした人の列が出てきていたのですが、その先のゴール地点にいるのが著者の方でした。風貌は、僧侶。インチキ霊媒師でも、きっと「あなたの前世はお坊さんです!」と断言するに違いないというくらいの僧侶系。

 そんな横顔を有り難く拝みながら作品を見ていきました。

 並んでいた作品の一つが、『このあとどうしちゃおう』の原画。

 ユーモアがありながらも、どこか余韻が残る絵の雰囲気は、まさに僧侶系の醸し出す技なのか。

 

 この絵本は、おじいちゃんの終活ノートの発見から始まる。

 終活ノートなんて言うと、誰々に遺産をどれくらいとか、自分のお葬式には誰々を呼んで欲しいとか、なんだか辛気くさい話しが並んでいそうです。

 しかしおじいちゃんの終活ノートは、死んだらこんな感じかなぁとか、死んだらこんなこと出来るかなぁとか、そんな楽しいことばかり。何だかその願望がクスッと笑える。本当は悲しいはずの死なのに、なぜか明るい感じだったりする。

 でも、本当におじいちゃんは死を受け入れていたのだろうか?

 孫は自分の終活ノートを書こうとしてみる。

 すると孫はあることに気がつく・・・。

 この最後の数ページは本書の肝(きも)であるので、ネタバレは避けますが・・・。

 

 人は誰でもいつか死にます。

 死を避けることは出来ません。

 しかも高齢化社会にあって、本来避けられない死を、自分の意思とは関係なく引き延ばされたり、また、いつまでも生き続けることを前提で生きてしまったり。そうして年金のことなどを気にしながら生きなくてはいけないとか、なんだか冷静に死を受けとめることが難しくなると言う、変な世の中になっています。もちろん最後まで責任を持って生命を全うすることは尊いことであり、生きる意欲を失ってはいけないのですが、でも、どうなんだろうか・・・。

 と、作品とは関係のない方向へ話が進んでしまった・・・。

 

 死と言うことを見つめることは、実は今の生き方を考えることでもあります。

 私も40代の半ばを通り過ぎ、そろそろ人生も半分だなぁと思っております。つまり人生も半分だなぁと思う時点で、自分の死というものを意識しているわけであります。そうなると、これからどうしようかと、今の自分の自分なりの可能性を感じるわけであります。今さらサッカー選手になることは無理だし、サッカーの監督になることも不可能。でも、今の仕事をもう一度引き締めてやっていくことはいくらでも出来る、この治療方法を若い世代にも教えるとか、そういった次の世代というものを意識したりもする。

 こうやってバトンを受け渡しながら、人生は次々と繋がっていく。

 世代を重ねて人間がは生き続けてきた、そのバトンを受け継いでいるのが今生きている自分。そして今度はまた自分がバトンを次に渡していく、こうして“生きる”ことが繋がっていく。

 著者の前世はお坊さんなのかどうかは知らないけれど、この絵本は、ちょっとそんな生命を見つめる哲学的なところもあります。

 孫のために買ったと思った絵本が、実はおじいちゃんのための絵本だったりするような、そんな感じの面白い感覚の絵本です。

【キーワード検索】

「ヨシタケシンスケ」 「大人 絵本」 「死後の世界」 「生きる」

 【その他の関連図書】

新装版 じゃあ君が好き りんごかもしれない りゆうがあります (PHPわたしのえほん) ヨシタケシンスケ スケッチ集 デリカシー体操 はじめての哲学 やわらかい頭の作り方: 身の回りの見えない構造を解明する (単行本)

 

このあと どうしちゃおう

このあと どうしちゃおう

 

 

f:id:isphoto:20160529153839p:plain

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症f:id:isphoto:20141103181414p:plain東京ノラ猫家猫カフェ ネット上のバーチャルな猫カフェ日々是表参道 東京の表参道にあるお店やスポットを紹介するサイト本でもって 表参道の鍼灸院、源保堂鍼灸院が贈るブックレビューブログ新書ブックセンター 新書専門のブックレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!produced by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院音楽かけ流し BGMにしてみたら写真ブログis photo' blog OLYMPUS OMD EM-1などにゃんずにゃんずにゃんず ねこ写真 ねこ動画 ねこイラストなどネコ好きのネコブログ東洋ラボ.net 東洋医学を中心に、東洋哲学などを特集したサイト今を生きる 言葉を贈ろう 今日を生き、明日を生きる、今日的ことば。先人の智慧をお借りして生きていくことばコラボイズム 女性の感性が生きる時代。会社や企業と女性を結ぶサイト。素敵な女性とコラボしてみませんかおもさんぽ 表参道ある日のある記 表参道の散歩日記箱根花詩 箱根老舗和菓子屋菓匠 温泉餅・くさのもち・大文字饅頭・箱根八里の半次郎SBC 新書専門のブックレビューサイト新書ブックセンターのブログいろいろ見つけてみました ミッケ 古本販売などレビューもしています。続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...